プレスリリース

沢井製薬について

2019年プレスリリース

PDFファイルで表示 [468KB]

2019年10月08日

Upsher-Smith Laboratories, LLC
米国におけるTOSYMRA™点鼻液(スマトリプタン)発売のお知らせ

沢井製薬株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:澤井光郎、以下:沢井製薬)の米国子会社であるUpsher-Smith Laboratories, LLC(本社:米国 ミネソタ州、社長兼CEO:Rusty Field、以下:Upsher-Smith)は、米国時間の10月2日、Tosymra™点鼻液10mg(一般名:スマトリプタン)を発売したことをお知らせいたします。

Tosymra™はUpsher-Smithの片頭痛製品のポートフォリオの拡大および多様化を目指す戦略的な取り組みによりDr. Reddyʼs Laboratories Limitedより取得いたしました。

Upsher-Smithの社長兼CEOであるRusty Fieldは、次のように述べています。「当社の片頭痛ポートフォリオの3つめの製品であるTosymra™を発売することができ、嬉しく思います。多くの患者さんにとって片頭痛発作における急性期治療の選択肢は十分ではありません。Tosymra™点鼻液は経口剤が適さない患者さんや現在の治療法に満足されていない患者さんへの新たな選択肢となります。」

3,600万人以上のアメリカ人が片頭痛に苦しんでおり、調査によると大多数の患者さんが他の急性期治療の選択肢を試してみたいと考えています。  現在、経口剤を服用している患者さんは、吐き気や胃不全麻痺または嘔吐などにより薬の吸収が遅れたり、制限される可能性があります。

※ Bigal M, Rapoport A, Aurora S, Sheftell F, Tepper S, Dahlof C., Satisfaction with Current Migraine Therapy: Experience From 2 Centers in US and Sweden. Headache. 2007 Apr; 47(4):475-9.
https://doi.org/10.1111/j.1526-4610.2007.00752.x

■Tosymra™点鼻液について
Tosymra™点鼻液10mgは、米国では成人における前兆を伴うまたは伴わない急性片頭痛の患者さんに処方され、Upsher-Smithが商標登録しています。また、Intravail®技術を用いており、スマトリプタンを鼻腔内に効果的に投与することができ、即効性に優れています。

■Intravail®技術について
Intravail®技術はドラッグデリバリー技術であり、これまで注射でのみ投与可能であった広範囲にわたるタンパク質、ペプチド、非ペプチド薬物の非侵襲的送達が可能です。薬物投与の場合、Intravail®技術は、経口、口腔、皮膚、鼻腔内経路で利用できます。また、Intravail®は、Neurelis Inc.が商標登録しています。

■Upsher-Smithについて
Upsher-Smithは、1919年に設立され、今年創業100周年を迎えた米国本社のジェネリック製薬企業です。米国のジェネリック市場において揺るぎない地位と事業基盤を有し、長年にわたり高品質で低価格のジェネリック医薬品を提供しています。また、市場シェア上位の製品や製造難度の高い徐放性製剤を有し、独自のポジションを築いています。
2017年に沢井製薬の子会社となったことで、沢井製薬とのシナジー効果を最大限発揮し、米国市場において、さらなる成長を図ってまいります。
詳細については、Upsher-Smith ホームページhttps://www.upsher-smith.com/をご覧ください。

一覧に戻る