健康応援レシピ

夏太りを防ぐレシピ
「イカとアスパラのレモン炒め」

  • シェア
  • ツイート

夏太りの原因は“栄養不足”の可能性も!

暑さの厳しい夏場は、そうめんやそばなど、喉ごしのよい食べ物を口にしがちです。
しかし、食べやすいからといってこうしたメニューばかりが続くと、栄養素が偏って栄養不足になります。すると代謝が落ちて、夏太りの原因となる可能性が大きいのです。
というのも、栄養素は単体ではうまく働けず、他の栄養素の力を借りながら体内で代謝されるためです。代謝を落とさないためには、できるだけたくさんの食材が入っているメニューを選ぶ工夫をしましょう。
それには、そうめんやそばのように、○○だけといった単品食いを避け、もう1品お皿の数を増やして。また麺類でも具だくさんにするなど、1皿に複数の食材が入ったメニューを選び、栄養素の種類を増やすことが重要です。

代謝を高めるイカの「タウリン」

「イカとアスパラのレモン炒め」は、イカ・アスパラガス・にんにく・レモンと、1皿で複数の食材から栄養素がとれる代謝アップメニューです。
特に注目の栄養素として、イカに含まれる「タウリン」があげられます。タウリンは肝臓の機能を高める働きがあり、夏バテや食欲不振による肝臓の疲れをサポートする効果が期待できます。肝臓の疲れは代謝ダウンに直結するので、不調を感じる時は意識して食べましょう。タウリンは水溶性のため、スープや煮汁ごと食べられるメニューに使うことで、汁に流れ出たタウリンも効率よく摂取できるのでおすすめです。
また、アスパラに含まれる成分「アスパラギン」は、アスパラガスの名前の由来になったとされるアミノ酸。疲労回復や、スポーツをするときに持久力を保つ効果が認められており、サプリメントとしても利用されています。夏バテで代謝をダウンさせないために、ぜひ取り入れてほしい成分です。
イカとアスパラ、ダブルの効果で、夏太りを防ぎましょう。

オススメレシピ

イカとアスパラのレモン炒め220kcal(1人分換算)

材料(2人分)
イカ1ぱい
アスパラガス4本
赤唐辛子1本
オリーブオイル大さじ2
にんにく(みじん切り)1片
小さじ1/4
コショウ少々
レモン(くし切り)2個

  1. 1

    イカは胴体を1㎝の輪切りにする。ゲソは縦に4等分に切る。アスパラガスは根元の硬い部分を切り、斜め薄切りにする。赤唐辛子は種をとる。

  2. 2

    フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて弱火にかける。香りが出てきたら、赤唐辛子、アスパラガスを加えて中火で2~3分炒める。イカを加えて1~2分炒めて、塩とコショウで調味する。最後に、皮をよく洗いくし切りにしたレモンをしぼり、そのまま炒め合わせる。

健康応援レシピ 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

歯痛をやわらげるツボ

歯周病は万病の元?

放置しておくと怖い! 大人の虫歯

口臭を抑えるツボ

抜け毛を防ぐツボ