月別テーマ

副鼻腔炎を防ぐためには?

  • シェア
  • ツイート

鼻風邪をこじらせたのか、鼻水がドロドロになってきて、なかなか治らない……。ずいぶん長い鼻風邪だなあと思うけど、きっとそのうち治るから、このまま様子を見ていればいいよね?

長引くドロドロの鼻水は要注意

風邪をひいたとき、なかなか治らず、鼻水がだんだん濁ってドロドロになってきたという経験はありませんか? 実はそれは風邪でなく「副鼻腔炎(ふくびくうえん)」を併発しているおそれもあるのです。ちなみに、副鼻腔炎はよく「蓄膿症」とも言われます。しかしこれは俗称で、正式な病名は副鼻腔炎です。
風邪の主な原因はウイルスですが、咳や発熱といった風邪の症状により体力を奪われると、風邪のウイルスとは別に、細菌による二次感染を起こしてしまうことがあります。この細菌が副鼻腔の中で炎症を起こしたものが、副鼻腔炎なのです。

副鼻腔は全部で8つある

鼻の穴のことを「鼻腔」といいますが、実は私たちの顔の骨の中には、鼻腔につながる形で、副鼻腔という4対(計8つ)の空洞があります。鼻のすぐ横の「上顎洞(じょうがくどう)」、目の間あたりの「篩骨洞(しこつどう)」、その奥にある「蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)」、おでこの辺りにある「前頭洞(ぜんとうどう)」です。
鼻腔や副鼻腔の粘膜は繊毛で覆われていて、外から入ってきたホコリやウイルスなどの異物を鼻水とともに排出する働きをしていますが、副鼻腔炎による炎症で鼻水がドロドロになると、繊毛に鼻水が絡まり、この働きが低下してしまいます。また、副鼻腔の入口は小さいため、こうした鼻水によってふさがってしまうと、中の炎症もどんどん進み、膿がたまってきます。そのため「蓄膿症」と呼ばれるようになったのですが、膿はなく、粘膜が腫れているだけの場合もあります。
この図を見ると、副鼻腔はほっぺたや目、おでこの辺りにまで広がっていることがわかりますね。そのため、副鼻腔炎にかかると、ほっぺたや目の奥が痛んだり、頭痛が起こったりすることもあります。また、大量の鼻水がのどへ落ちる「後鼻漏(こうびろう)」や、においがわからない「嗅覚障害」などの症状が起こる人もいます。

放置すると慢性化しやすい!?

風邪から副鼻腔炎になっても、早期に病院を受診し、処方された抗菌薬を飲むなど、適切な治療をすれば多くは治ります。しかし、放置したり、まれに治療してもなかなか治らず長引いて、慢性化することもあります。通常、1カ月未満で治るものを「急性副鼻腔炎」、3ヶ月以上かかるものを「慢性副鼻腔炎」と呼んでいます。慢性副鼻腔炎になると、鼻の中に「鼻茸(はなたけ)」というポリープができることもあります。
慢性副鼻腔炎の場合は、急性副鼻腔炎のものとは別の抗菌薬を少量ずつ長期間飲むという治療が行なわれますが、それでも治らない場合は、手術になります。全身麻酔で両側の鼻を一緒に手術し、一週間くらい入院するというケースが一般的です。

また、副鼻腔は目や脳の位置にも近いため、ごくまれにではありますが、ものが二重に見える「複視」や視力低下、失明などに至ったり、髄膜炎や、脳の中に膿がたまる「脳膿瘍」などの病気を併発することもあります。首が曲げられない、気分が悪くて食事が取れないといった症状が見られたら、こうした重篤な合併症を起こしているおそれがあります。
そのような事態に陥らないよう、風邪が治らずにドロドロの鼻水が出始めたら、できるだけ早めに医療機関を受診しましょう。

増加中の「好酸球性副鼻腔炎」

近年、慢性副鼻腔炎は全般で見れば、抗菌薬の開発などにより、かなり減ってきました。一方、治療や手術をしても再発を繰り返す難治性の慢性副鼻腔炎「好酸球性副鼻腔炎」が、いま増加傾向にあるのです。平成27年には、厚労省から難病に指定されました。
好酸球とは、血液中の白血球の一つで、アレルギー反応と関連するものですが、これが過剰に活性化することが一因と考えられています。アレルギー体質の人に起こり、のりのような粘着性の鼻水や鼻茸が見られることも多く、鼻づまり感に悩まされたり、嗅覚障害を起こしたりしやすいという特徴があります。
アレルギーと聞くと、花粉症などとの関連を想像するかもしれませんが、現在のところ、花粉症との関連は指摘されていません。はっきりしているのは、ぜんそくとの関連性です。かつて、ぜんそくの治療はステロイドの内服が一般的でしたが、副作用が強く、ステロイドの吸入へと変わっていきました。これと時を同じくして増えてきたのが、好酸球性副鼻腔炎なのです。吸入では、薬はのどのほうにはいくものの、鼻のほうにはいかないため、ステロイドの内服で抑えられていた鼻の症状が、好酸球性副鼻腔炎という形で現れたものと考えられています。
好酸球性副鼻腔炎は、通常の慢性副鼻腔炎で処方される薬では効かないため、ステロイドを内服するしかなく、それでも治らない場合は手術となります。そのため、大学病院では副鼻腔炎の手術のうち、3分の2程度は好酸球性副鼻腔炎が占めているのが現状です。

虫歯から発症することも

副鼻腔炎は、風邪をこじらせて発症するケースが大半ですが、虫歯や歯周病から起こることもあります。
これは、歯の根元にあたる歯根が、副鼻腔の一つである上顎洞のすぐ近くまで到達しているためです。なかには、上顎洞の中にまで歯根が突き出している人もいます。
そのため、上側にできた虫歯や歯周病を放置していると、その炎症が上顎洞にまで伝わり、「歯性上顎洞炎」という副鼻腔炎を発症することがあるのです。また、ときどき、インプラントによって発症することもあります。
その場合には、歯科と耳鼻咽喉科を受診し、歯根治療やインプラントの除去、それが難しい場合は上顎洞の手術を行なうことになります。

それ、もしや副鼻腔炎かも!?

こんな症状が見られたら、副鼻腔炎にかかっているかもしれません。チェックしてみましょう。

  • 風邪をひいたあと、鼻水、鼻づまりがなかなか治らない
  • 濁ったドロドロの鼻水が出る
  • 鼻水が、いやなにおいがする
  • ほっぺたの辺りが痛い
  • 目の奥辺りが痛い
  • おでこの辺りや頭が痛い
  • 熱がある
  • においがわからなくなってきた

風邪の症状との区別が難しいかもしれませんが、鼻水の状態や痛みの有無・部位に留意し、少しでも気になる症状があったら、できるだけ早めに医療機関を受診しましょう。
まずは副鼻腔炎にならないよう、また、なってしまったら悪化させないよう、以下のポイントに気をつけてください。

風邪をひいたら無理しない

副鼻腔炎を予防するには、まず風邪を引かないようにすることが大切です。ふだんからバランスの取れた食事と、規則正しい生活を心がけましょう。
もしひいてしまったら無理をせず、十分な休養と睡眠を取り、治療に専念してください。副鼻腔炎にかかり、病院に来る人の多くは、「忙しくて風邪をひいても休めなかった」という人です。風邪をひいたら、まずこれをしっかり治し、副鼻腔炎に移行しないようにすることが大切です。

症状があるときはお酒を控える

風邪をひいているときにお酒を控えるのはもちろんですが、これは鼻づまりの症状を悪化させないためにも大切です。お酒を飲むと血行が良くなるため、鼻がつまっているときは、よけいにつまりやすくなってしまうのです。鼻づまり感があるときは、お酒は控えるようにしましょう。

ときどき鼻洗浄を

特に好酸球性副鼻腔炎の人で、手術後の人は、鼻洗浄がオススメです。鼻洗浄をしたほうが、再発が防げ、現状を維持できることがわかっています。今は、簡単な鼻洗浄器がインターネットでも購入できます。鼻洗浄は、何の副作用もなく、風邪予防や花粉症対策にもなるので、好酸球性副鼻腔炎でない人や、まだ副鼻腔炎にかかっていない人も、試してみてください。

市販の点鼻薬はほどほどに

副鼻腔炎などで鼻がつまり、ツラいとき、市販薬に頼りがちです。しかし、市販されている点鼻薬の多くは、鼻づまりを解消するための血管収縮薬で、即効性はあるものの、何度も使っているとだんだん効かなくなるうえ、鼻の粘膜が腫れてくるという難点があります。薬によって起きたこのような症状は、「薬剤性鼻炎」と呼ばれています。市販薬は、鼻がつまってどうしても眠れない、といったときに少し使う程度はよいのですが、使い続けるのはNG。早めに病院を受診し、きちんと治療を受けるようにしましょう。

たかが鼻水、鼻づまりと侮ると危険なのね。
そういう症状が出てきたら、早めに病院で診てもらおうっと。

このテーマの関連記事はこちら

月別テーマ 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

鼻水・鼻づまりに効くツボ

ヘルパンギーナとプール熱

蚊が媒介する疾患

予防したのに…気をつけたい感染症

咳をラクにするツボ