月別テーマ

意外に多い!耳の病気の症状と対策

  • シェア
  • ツイート

このところ、なんだか音が聞こえづらいし、耳が詰まった感じがするんだよなあ。でも、まったく聞こえないわけじゃないし、トシだからこんなもんだよね?

耳の病気には侮れないものも

子どもの頃に中耳炎と診断され、耳鼻科で治療したという経験は、多くの方が持っているのではないでしょうか。しかし、大人になると耳の病気は日常的なものではなくなり、ふだんはあまり意識することがないかもしれません。
ところが、大人がかかる耳の病気は意外とたくさんあり、しかも、ひとたびかかったら、急いで治療しないと一生聴力を失ってしまうような恐ろしいものもあるのです。初期段階で起こる症状や、治療時の注意点を知り、いざかかってしまったときのために備えておきましょう。

難聴は様々な病気のサイン

大人がかかる耳の病気の大半において、そのカギとなる症状は「難聴」です。
ここで注意しなければならないのは、難聴というとまったく聞こえない状態をイメージする人が多いのですが、ちょっと聞こえにくいという程度でも難聴だということです。
また、耳鳴りは難聴とは別物と考えている人が多いですが、耳鳴りも難聴が引き起こす症状の一つです。同様に、飛行機に乗ったときに感じるような耳が詰まった感じを、専門用語で「耳閉感」といいますが、これも難聴の一つです。聞こえにくさ、耳鳴り、耳閉感はいずれも難聴の症状であると覚えておいてください。
では、どんな病気があるか、ご紹介していきましょう。

最多かつ要注意「突発性難聴」

大人がかかる耳の病気のなかで最も多く、注意を要するのが「突発性難聴」です。ある日突然、片耳に難聴の症状が起こり、場合によっては、めまいを伴います。難聴やめまいが現れたら、できるだけ1週間以内、遅くとも2週間以内に耳鼻科を受診してください。
なぜ早く受診しなければいけないかというと、音を感じる神経である「有毛細胞」が障害を受けた場合、10日から2週間の間に神経変性が起こってしまうからです。神経変性は一度起こると元に戻らず、聴力も戻りません。
そのため、早めの受診が大切です。早期にきちんとステロイド薬などを内服または点滴すれば、基本的に1~2週間で治ります。原因ははっきりわかっていませんが、ストレスや疲労などが引き金になるとされています。
また、めまいが起こった場合、多くの人は脳神経外科や内科を受診しがちです。ところが、めまいの原因の7割は耳からくるものであり、脳や血圧、内臓からくるものは全部で3割程度。脳神経外科や内科では、当然ながら耳の病気の診断はできないため、突発性難聴のように急を要する病気であったとしても、診断や治療が遅れてしまうケースが多々見られます。めまいを起こしたら、まずは耳鼻科を受診してください。

加齢による難聴も放置は禁物

病気ではありませんが、加齢にともなって難聴が進むのが「加齢性難聴」です。しかし、かなり個人差が大きく、90歳でもまったく難聴がない人もいれば、30代後半から起こる人も。耳鳴り、耳閉感を訴える人が多いですが、特徴は、基本的に両耳に起こるということです。「歳だから」とあきらめて放置すると、認知症などを併発しやすくなるおそれも。早めに耳鼻科を受診し、必要に応じて補聴器などの使用を検討することをオススメします。

ヘッドホンで「音響外傷」に

騒音など、外からの音の影響で引き起こされるものに「音響外傷」があり、大きく「急性音響外傷」と「慢性音響外傷」に分かれます。
コンサートやクラブなどで大きな音を聞いたことで難聴の症状が出るのが、急性音響外傷。これも突発性難聴と同じように神経の傷害なので、1週間以内、遅くとも2週間以内に治療することが大切です。
一方、いま急激に増えているのが、ヘッドホンによる慢性音響外傷の「ヘッドホン難聴」です。毎日のようにヘッドホンやイヤホンで大きめの音を長時間聞くことで、徐々に聞こえにくくなるなどの症状が出てきます。スマホの普及で激増したといわれ、WHOも警鐘を鳴らしています。
慢性音響外傷は残念ながら治らないため、音楽を聞くときは音量や時間に注意してください。

大人がかかる「中耳炎」も

鼻風邪などをこじらせたときにかかる「急性中耳炎」は、患者の大半が子どもです。しかし、急性中耳炎をこじらせたときになる「滲出性(しんしゅつせい)中耳炎」は、高齢者にも多い病気。鼓膜の奥から鼻へとつながる「耳管」が加齢で衰え、周りの壁から水がしみ出しやすくなるからです。痛みは伴いませんが、難聴の症状が出ます。
また、これらが長い間治らずに悪化すると「慢性中耳炎」になることも。鼓膜の内側に膿がたまり、鼓膜に孔があくものです。痛みや難聴、耳だれなどの症状が出ます。
飛行機に乗ったときに起こる「航空性中耳炎」もあります。離陸時などに起こる耳が詰まった感じは、唾液や飲み物を飲んで耳内の圧を抜けばおさまります。しかし、うまく圧が抜けないと痛みが生じ、航空性中耳炎に。お酒を飲むと耳管が腫れやすくなり、詰まりやすくなってしまうため、機内の飲酒は避けたほうが賢明です。

耳垢や耳掃除が原因の病気も

難聴には、単に耳垢がつまっていただけというケースもあります。「耳垢栓塞(じこうせんそく)」といい、耳垢で完全に耳がふさがれることで、聞こえにくさや耳鳴り、耳閉感などが起こります。
耳垢は本来、自然と外に出るようになっており、耳掃除は不要です。それを耳の穴と同じくらいの大きさがある綿棒でグリグリとやると、耳垢をさらに奥に押し込んでしまい、耳垢栓塞が起こるのです。
また、ストレスがあると人は耳の中をいじりがちになります。すると外耳道が腫れ、外耳道炎になってしまうこともあります。

それってもしかして難聴かも

しかし、多くの人がいざ難聴の症状が起こっても、難聴がどんなものかちゃんと理解していないため、「これは難聴ではないだろう」と考えてしまいがちです。以下のようなケースに該当したら、それは難聴の恐れがあります。

  • ふだんと比べ、何だか音が聞こえにくい
  • 電話で、相手の声が聞こえにくかった
  • 音の聞こえ方がいつもと違う
  • 耳鳴りが続く
  • 飛行機に乗ったときのように、耳が詰まった感じがする
  • 耳に水が入ったときのような感じがある
  • 耳に違和感がある

こうした聞こえにくさや、耳鳴り、耳が詰まったような感じが丸2日続き、3日目になっても治らなかった場合は、すぐに耳鼻科を受診してください。
そのうえで、耳の病気を防ぐために、以下のような点に注意しましょう。

疲労やストレスを極力解消する

突発性難聴は、ストレスや疲労などが引き金になります。これらをまったくなくすことは無理でしょうが、日頃からできるだけ疲れやストレスをためない生活を心がけ、十分な睡眠を取るようにしてください。

音楽は耳を守りながら楽しむ

音響外傷を防ぐには、耳が痛いと感じるような音量は避けねばなりません。そのため、ライブやコンサートには、耳栓を持参しましょう。百円均一で売られているような簡易的なもので十分です。会場で、耳が痛いほどの音量を感じた際は、軽く耳栓をはめ、音量を調節してください。
日常的にイヤホンなどで音楽を聞いている人も、音量に注意。ヘッドホンやイヤホンから音が漏れるのは、音量が大きすぎです。また、連続1時間聞いたら3~5分ほどイヤホンを外し、耳を休ませましょう。

耳掃除をするなら竹の耳かきで

先にもお話ししたとおり、基本的に耳掃除は不要なのですが、もし行なうなら1カ月に1回程度、竹の耳かきで行ないましょう。竹の耳かきは綿棒のように太くなく、程よい弾力性があります。そのため、耳垢を押し込んでしまうことが少ないのです。自分でやるのに抵抗がある人や取りにくい人は、耳鼻科で取ってもらってもよいでしょう。

耳の病気は早期治療が重要なのね。
ちょっとでも変だと思ったら、すぐ耳鼻科に行かなくちゃ!

このテーマの関連記事はこちら

月別テーマ 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

ぐっすり快眠のために大切なこと5つ

うつ病

寝苦しい夏は「3・3・7」で安眠

夕食で朝を変える!抗酸化・抗糖化レシピ「黒豚の焼酎蒸し」

ストレスがラクになるツボ