企業理念・行動基準

沢井製薬について

企業理念

なによりも患者さんのために

  • 1.「真心をこめた医薬品を通じ、人々の健やかな暮らしを実現する」それがの使命です。
  • 2.「創造性を追求し、革新と協調により社会と共に成長する」それがの挑戦です。
  • 3.「お役に立ちたいという心を持ち、なくてはならない存在になる」それがの願いです。

行動基準

前文「の医薬品は私たち自身です」

人間の生命に深い関わりを持つ製薬企業の重大な責務を心に刻み、患者さんの健康と生活に対する深い畏敬の念を抱きつつ、なによりも患者さんのために
「sawaiの医薬品は私たち自身です」
という思いをこめて、この行動基準を定めます。

第1章 患者さんとともに

1. 患者さんから喜ばれる医薬品づくり
医療に携わる者の責任と誇りを胸に、患者さんから真に喜ばれる医薬品づくりのために、衆知を集めて創造性を発揮します。
2. 患者さんの立場に立った研究開発
医療現場の声を真摯に受け止め、クオリティー・オブ・ライフや服用のしやすさ等に配慮し、患者さんの立場に立った研究開発に努めます。
3. 品質・安全性第一のブランドづくり
品質に疑問のある製品は市場に出さないという方針を貫き、品質・安全性第一のブランドづくりに努めます。
4. 患者さんとの接点を真心で
「お問い合わせこそ患者さんとの大切な接点」と捉えて真心で対応するとともに、患者さんとのコミュニケーションの場を積極的に広げます。
5. 品位ある広告活動
広告に当っては、事実と公正なデータに基づき、誤解を与えるおそれのある表示や誇大表現等を避けて、有益な情報を伴った品位ある活動を行います。
6. 適切な個人情報管理
企業活動全般を通じて得た個人情報・顧客情報については、取り扱い規定を作成し、徹底した管理を行います。

第2章 医療従事者とともに

1. 医療現場起点の医薬品開発
医療現場に足を運び、高い問題意識を伴ったコミュニケーションを通して、簡便で使いやすく調剤が容易な、品質の高い医薬品開発に結び付けます。
2. 的確な情報提供
品質・有効性・安全性に関する情報提供を的確に行い、市販後情報の収集・分析と評価を速やかにお伝えすることで、医療従事者の方々にとって「お役に立つ存在」であり続けます。
3. 安定供給の確保
医療従事者や取引先との情報共有・協力体制を強化することにより、高品質かつ安全性の高い医薬品を、医療従事者のもとへ確実に安定供給することに努めます。
4. 信頼関係の構築
製品開発・情報提供・安定供給のレベルアップに努め、問題発生時の迅速かつ誠意ある対応とともに、の事業内容に対する理解を一層深めていただくことにより、医療従事者の方々との信頼関係構築に努めます。

第3章 取引先とともに

1. 心の通う取引
「なによりも患者さんのために」というこころざしを共有し、優れた技術力や安定供給能力のある取引先と互いに理解しあい尊重しあいながら、共に成長・発展することを目指します。
2. 厳正な情報管理
取引先から提供された機密情報は、厳重に管理し適正に使用するとともに、いかなる場合も他社の知的財産を尊重し、権利を侵害しません。
3. 節度ある取引関係
取引先に対しては、節度あるクリーンな関係を保ち、疑惑を受けるおそれのある言動を避けるとともに、常に公正かつ透明な取引を行います。

第4章 社員とともに

1. 社員の成長がの成長
「社員の個性と能力こそ最大の財産」という考えに基づき、その能力がいかんなく発揮されるよう、人材育成と能力開発に努めます。
2. 公平・公正な評価と処遇
意欲と能力溢れる人材が存分に活躍出来る舞台を提供するために、先入観を排し透明で公平・公正な評価と処遇を行います。
3. 安全快適な職場
より良き医薬品づくりを推進するため、適切な勤務時間で成果をあげることができるよう、心身の健康に良い安全快適な職場環境を実現します。
4. ブランド価値の向上
「一人一人がの代表」であるという自覚を深め、魅力的なブランド価値向上のために、自ら率先して社内外で不断の努力を重ねます。
5. チャレンジ精神の重視
環境変化と競争激化の中でトップブランドを確立するために、前例にとらわれない自由な発想と変革への行動を大切にします。
6. チームワーク
お役に立ちたいという気持と心通う対話で、チームとして付加価値の高い仕事に挑戦することにより、自由闊達で一体感のある企業風土を作ります。
7. 内部統制
正確かつ適切な記録・マニュアル化、適時・的確な報告・連絡、厳正な情報管理を通して、緊張感ある業務運営を徹底します。
8. 品性とマナー
社内外を問わず、感謝と謙虚さを忘れることなく品性とマナーを磨き、愛される人間性と向上心が溢れる職業人となることを目指します。

第5章 株主・投資家とともに

1. 利益ある成長
よき医薬品づくりを通じて得た利益を、より価値ある製品の創造に投じることによって利益ある成長を実現します。
2. 広い視野と長期展望
事業展開にあたっては、常にグローバルな視点に立つとともに、長期的業績伸展が展望できることを十分見極めた上で経営判断を行います。
3. あくなきスピードと効率の追求
変転極まりない業務環境や技術革新に柔軟に対応するために、迅速な意思決定、機敏な行動、組織全体の効率性を追求します。
4. 会社資産の管理・活用
会社の人的・物的資産を最大限生かすとともに、それらを適切に管理し、損なうことなく大切に取り扱います。
5. 適切な資金運用
合理的なリスク管理に基づいた資金運用を行い、投融資については慎重かつ適正な手続を経たものに限定し、投機的取引は行いません。
6. 積極的IR活動
株主総会を株主との「開かれた対話の場」と捉えて適切に運営するとともに、日頃から適時適切な情報開示と投資家向け広報(IR)活動に努めます。
7. 危機発生への対応
企業危機発生時の管理・広報体制を構築し、問題が発生した場合は、社内外の関係部門に迅速かつ正確に報告した上で、損害発生やブランド価値の下落を防止することに努めます。

第6章 社会とともに

1. 社会貢献
ジェネリック医薬品の普及が国民医療・国家財政に貢献するという観点から、その啓発活動にリーディングカンパニーとして積極的に取り組みます。
2. 社会との調和
「良き企業市民」として、地域社会との調和を図り、社員の社会貢献活動を支援する等、社会から受け入れられるための努力を重ねます。
3. 人権尊重
基本的人権を尊重し、人種、信条、性別、国籍、障害の有無などによるいかなる差別にも反対し、思想あるいは政治的意見を理由とした差別も行いません。
4. 反社会的勢力の排除
市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体に対しては警察等関係行政機関と連携し、毅然とした態度で臨みます。
5. 官公庁対応と政治資金・寄付金
行政当局との協力的関係を構築しつつ、健全かつ透明な節度ある関わり方を守り、公務員への接待贈答その他利益供与を行いません。政治資金・寄付金については関連法規・社内規定を遵守し、厳正に対応します。

第7章 地球環境とともに

1. 環境保全
企業活動が環境に与える影響を正しく認識し、地域・社会と連携し地球環境の保全に取り組みます。
2. 環境負荷への配慮
3R(Reduce,Reuse,Recycle)の積極的推進を通じ、環境負荷の軽減を図ることで、環境に優しい企業を目指します。

第8章 推進体制

1. 行動基準の位置づけ
行動基準」は、企業理念の実現に向けて仕事をする際に、「何をすべきか」、「何をしてはいけないか」を具体的に示したものです。
2. 経営トップの率先垂範
経営トップは全役員とともに、行動基準の浸透にリーダーシップを発揮するとともに、自らがその実践に率先垂範して取り組みます。
3. 担当役員・担当部署
企業理念・行動基準の浸透および見直しを担当する役員・部署を任命します。
4. 各部署の推進責任者
企業理念・行動基準の浸透を推進する責任者を各部署に任命し、研修会への参加、浸透活動の推進、活動結果の定期的報告に当たります。
5. 相談窓口の設置
企業倫理に関する相談窓口を設置し、適切な対応を図ります。相談者のプライバシーを守るとともに、正当な相談者は会社として保護します。

会社情報に戻る

RECOMMEND