サワイ ジェンダー アクション

「なによりも患者さんのために」
この理念を企業活動や製品に込めるには、
社員ひとりひとりが自分らしく輝けること、
その多様な可能性を活かし合うことが必要です。

さらに社会の公器である私たちは、
ジェンダーの平等な社会の実現に向けて
できることから取り組み、
働きかける存在でなくてはなりません。

誰もが自分の道を進むことができる、
性別の壁のない社会に向けて。
沢井製薬は、アクションを積み重ね、
発信していきます。

沢井製薬のジェンダー平等への想いと、
「澤井乃よ」という原点。

沢井製薬のジェンダー平等への想いと、「澤井乃よ」という原点。

沢井製薬の礎を築いたのは
「澤井乃よ」という女性でした。
農家の娘は進学せず、
結婚して家庭に入るのが当たり前の時代。
乃よは上京しひたすら勉学に励み、
当時はまだ珍しかった女性薬剤師になり、
のちに大阪で「澤井薬局」を開業しました。

「病気で困っている人が必要としている薬を、
必要としている時に提供する」
という乃よの信条は、
沢井製薬が掲げる
「なによりも患者さんのために」の
理念に通じるもの。
乃よが性別という枠にとらわれず、
自分の道をひた走ることができたからこそ、
沢井製薬は生まれました。

そんな原点を持つ私たちだからこそ、思うのです。
すべての人が「性別」という壁にぶつかることなく、
自分らしく輝ける世の中になれば、
これまでになかった新しいものが
もっともっと生まれるはずだと。
性別に関わりなく、
一人ひとりが自分の可能性を信じ、
ありのままで活躍できる社会にしていくために。
私たちにできることからひとつひとつ始めることを、
乃よとみなさんに誓います。

Movie

約100年前、農家の娘からいかにして澤井乃よは
沢井製薬の原点を築いたのか?
創業ストーリー

Story 乃よ物語

「乃よ物語」イメージ
「乃よ物語」イメージ

誰もが自分らしく輝ける会社、
そして社会へ。
当グループ取締役からのメッセージ

澤井 健造

サワイGHD 副会長・グループCBO
兼 沢井製薬代表取締役社長

澤井 健造

ジェンダー平等の実現はSDGsの目標5にも掲げられていますが、本人の意思とは関係なく個々に与えられ、努力で変えようのないものに対しバイアスがかかる社会は、とても悲しいものだと考えます。

この課題に対して、私は一人の人間としてこう思います。
異なる立場を理解するという意味は、「その違いを知恵や行動で補完し合い、平等をもたらすための基盤」であり、自らを含む全ての人が、まず真剣にこの課題に向き合って考えることから始めなければならないものだと。

そして私が経営者としてこの課題に向き合う際にできることは何か?
私たちが多くの時間を共有するサワイグループを、「違いが理解され、互いを補完し合う風土を持ち、能力・意思が正しく反映される組織体」として更に飛躍させていくこと。
そして社員一人一人がそのような環境下でイキイキと働き、経験を積み重ね、社会に対して常に正しい意識を持って行動できるようにリードしていくことではないか?

今回、このサイトから情報を発信していくにあたり、事前に社員の意識調査を行いました。そこからは多くの示唆があり、考えさせられる内容もありました。
社員の意識・社会のあり方や変わり方など様々な要素を、ダイバーシティ&インクルージョンの考えに基づいて理解し、これからの企業経営に反映してまいります。

末吉 一彦

サワイGHD 代表取締役社長・グループCOO
末吉 一彦

私がグループCOOとして、普段より最も大事にしていることは、サワイグループを夢のある会社、社員が夢を持てる会社、そして、一人でも多くの社員がその夢を実現できる会社にしたいということです。

社員の誰もが夢を持ち、自分らしく輝ける会社とするため、サワイグループが定めている「行動基準」の中から、いくつかを紹介したいと思います。

まず、その一つ目は、『「社員の個性と能力こそ最大の財産」という考えに基づいて、意欲と能力溢れる人財が存分に活躍できる舞台を提供し、透明で公平・公正な評価と処遇を行います』というものです。
「企業は人なり」という言葉がありますが、サワイグループも「社員の個性と能力を最大の財産」と考え、ジェンダーなど一切の差別なく、意欲と能力のある人財が活躍できる場をサワイグループは提供していきます。

二つ目は、『ダイバーシティを積極的に推進し、新たな発想や価値を創造するとともに、相互の立場を尊重したコミュニケーションとチームワークにより、風通しが良く一体感のある企業風土をつくります』というものです。
ダイバーシティの推進は、性別や人種だけでなく、年齢、性格、価値観、障がいの有無等の多様性を受け入れ人財活用することによって、様々な価値観に基づく新たな発想や価値創造を通じて生産性を高めることを目的とされています。

三つ目は、『業務の能率向上とお互いの思いやりある協力を通じ、仕事と家庭そして社会と調和した多様な生き方を実現します』というものです。
今回、社内でジェンダーの違いに着眼したアンケートを実施しましたところ、社員の皆さんから見て、これらの「行動基準」の実現には、まだまだ課題があることが判明しました。経営層として、意識改革やきめ細かな制度面での改善を通じて、これらの「行動基準」の実現に取り組んで参ります。

サワイグループの活動・実績

  • 女性社員の
    キャリア支援

  • MSCI 日本株女性
    活躍指数
    構成銘柄に選定

  • 国際女性デーに
    新聞広告・
    ドネーションアドを実施

※随時、情報を追加していきます