高付加価値製品の一番手上市を目指す

研究開発職は、付加価値の高いジェネリック医薬品の一番手上市をミッションとして日々研究を行っています。沢井製薬では、開発、知的財産、製剤研究、物性研究、分析研究、生物研究、製剤技術に部門が分かれており、それぞれが連携することで一つの製品を世の中に生み出しています。