サステナビリティ CSR基本方針

「沢井製薬の事業活動そのものが社会貢献である」という考えのもと、事業を通じた企業理念の実現と事業プロセスにおける行動基準の実践により社会に貢献することが、沢井製薬の使命だと考えています。

沢井製薬におけるCSRの考え

沢井製薬は、事業活動の中で企業理念を実現すること、それこそが当社として最も重要なCSR(社会的責任)であると位置づけ、全社を挙げて企業理念の実現に取り組んでいます。

さらに、沢井製薬の成長にともない、当社が果たすべきCSRも、さまざまなステークホルダーからますます重要視されてきています。当社は、事業プロセスの中で積極的にCSRを果たすことで、持続可能な社会の実現に向け、貢献してまいります。

CSR基本方針チャート図

1.沢井製薬の企業理念

sawai企業理念」は、
sawaiは何をもって世の中のお役に立っていくのか」ということを定めています。

なによりも患者さんのために

  1. 1「真心をこめた医薬品を通じ、人々の健やかな暮らしを実現する」
    それがsawaiの使命です。
  2. 2「創造性を追求し、革新と協調により社会と共に成長する」
    それがsawaiの挑戦です。
  3. 3「お役に立ちたいという心を持ち、なくてはならない存在になる」
    それがsawaiの願いです。

企業理念について詳しくはこちら

2.事業を通じたCSR

沢井製薬は、事業を通じた企業理念の実現それこそが当社が取り組むべき最も重要な社会的責任(事業を通じたCSR)と位置付けています。

① 患者さんの負担軽減と利便性向上

病気の治療を要する患者さんに、安価でかつ高品質なジェネリック医薬品を提供することにより、患者さんの経済的な負担を軽減して、少しでも安心して必要な治療に専念していただくことと、水無しで服用できるOD錠の開発など、患者さんがお薬を服用しやすくするためのさまざまな製剤工夫を通じて、「なによりも患者さんのために」お役に立つことを目指しています。

② 財政と両立し得る優れた医療制度の維持・発展への貢献

日本では、戦後、国民皆保険制度が導入されて以来、誰もが必要な医療の提供が受けられる優れた医療制度を堅持してきていますが、財政問題の深刻化と少子高齢化が進む中で、財政と両立し得るための医療制度の見直しが急務となっています。このような中、医療の質を維持しながら、国民全体の医療費の負担を軽減できる最も有効な手段として、沢井製薬は、いち早く、ジェネリック医薬品普及のための啓発活動やジェネリック医薬品への信頼性向上に取り組んできました。
これからも、日本におけるジェネリック医薬品のリーディングカンパニーとして、ジェネリック医薬品の普及促進を通じて、財政と両立し得る優れた医療制度の維持・発展に貢献してまいります。

③ 事業プロセスにおけるCSRと行動基準

沢井製薬が、企業理念を実現するために、「ステークホルダーの方々に対してどのような行動をとるべきか」を定めたものが「sawai行動基準」です。沢井製薬の事業活動は、顧客、社員、取引先、株主のみならず、地域社会や地球環境を含めたさまざまなステークホルダーの方々との間で相互に影響を及ぼす関係にあり、当社の事業活動を持続可能にするためには、事業プロセスにおいて、社員一人ひとりが各ステークホルダーに対して実践すべき具体的な責任(=事業プロセスにおけるCSR)が存在するものと認識しており、これらの責任に関し、社員一人ひとりが遵守すべき明確な基準を「sawai行動基準」として定めています。

④ 沢井製薬におけるCSR推進体制

沢井製薬では、社会課題の積極的・能動的な解決に向けて、CSRに関する取り組みを推進することを目的に「CSR委員会」、「CSR推進会議」および、「CSR事務局」を設置し、全社を挙げてCSRを実践してまいります。

CSR委員会

社長を委員長、CSR担当役員およびCSR副担当役員を副委員長とし、取締役、常勤監査役、執行役員を中心とするメンバーで構成されています。年2回の開催を原則とし、CSR基本方針に基づく年間活動計画の審議、承認、実施結果のレビューや取締役会への提言、報告などを行っています。

CSR推進会議

CSR委員会の効率的な業務遂行を目的にCSR委員会の下部組織として設置しています。CSR担当役員を議長、CSR副担当役員を副議長とし、各本部の管理職層から代表として選出されたメンバーで構成されています。年4回の開催を原則とし、CSR基本方針に基づく年間活動計画の策定、活動の進捗状況および実施結果の報告などを行っています。

CSR事務局

CSR委員会、CSR推進会議の招集・議事録作成など委員会および推進会議の補佐と社内外に向けたCSRに関する情報発信を目的に、各部門から選出されたメンバーで構成されています。

CSR重要課題とその特定プロセス

沢井製薬の事業活動は、顧客、社員、取引先、株主のみならず、地域社会や地球環境を含めたさまざまなステークホルダーとの関わり合いの中で行われています。「なによりも患者さんのために」という企業理念のもと、当社が継続的な企業価値の向上を実現するためには、これらのステークホルダーを包含する社会全体の持続性を考慮した事業活動が必要不可欠です。
そのため、当社では、2015年5月に新たに「CSR基本方針」を策定しました。このCSR基本方針に基づき、「社会全体における重要度」と「沢井製薬の事業との関連性」の2つの観点からCSR活動における重要課題を設定し、優先順位付けを行っています。

マテリアリティ(重要課題)の特定

ページトップへ