幅広い領域を活かし
地域医療への貢献を目指す

MR(Medical Representatives)とは、医師や薬剤師等の医療従事者に対し、医薬品の適正使用のための情報提供・収集・伝達を通して、自社医薬品を普及する役割を担う仕事です。いわば、製薬会社における営業職に当たります。

2つの情報提供体制

エリア担当MR
地域の中小病院や診療所、保険薬局すべてへの情報提供を担当します。
病院担当MR
基幹病院への情報提供を担当します。

MRの活動に必要な知識・スキルの習得

MR導入研修
MRとして活動するために必要な知識・スキルを習得する「MR導入研修」を実施しています。入社後約5ヶ月におよぶ研修では、医学・薬学、ジェネリック医薬品、医療制度、自社製品等、MRに必要な知識の講義に加え、プレゼンテーション、ロールプレイなどの実践的なトレーニングも行います。
MR導入研修受講後は、MR認定試験に合格するため、引き続き集合研修、個別指導、通信教育、模擬試験等の試験対策を行っています。手厚い研修プログラムのもとに、沢井製薬では8年間連続でMR認定試験の合格率100%を達成しています。
継続研修
営業拠点へ配属された後は、毎月実施する「継続研修」を受けていただきます。「継続研修」では、疾患および医療制度の最新情報の講義に加え、継続して自社製品に関する知識習得や実践的なトレーニングも行います。

医療用医薬品における情報の流れ

医療用医薬品における情報の流れ
医療用医薬品における情報の流れ
医薬品(モノ)の流れ
製薬会社で製造された医薬品は、製薬業界の流通機能を担う「卸」・「販売会社」へ送られ、そこから医療機関へと届けられます。卸・販売会社には、MS(Marketing Specialist)と呼ばれる営業職がおり、製品の流通と価格交渉を行います。
情報の流れ
MRは医療機関の医師や薬剤師だけでなく、卸・販売会社のMSに対しても情報の提供・収集・伝達を行います。
採用情報を見る エントリーへ
PAGE
TOP