どんなお薬があるのかな?

ジェネリックを知ろう

どんな病気のお薬にジェネリックがあるの?お薬の形もさまざまだけど…

生活習慣病や抗生物質などたくさんの病気のお薬にジェネリックは発売されているよ。お薬の形状もいろんな種類に対応しているんだ。

生活習慣病や抗生物質などたくさんの病気のお薬にジェネリックは発売されているよ。お薬の形状もいろんな種類に対応しているんだ。

もっと詳しく解説

高血圧症、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病、花粉症のようなアレルギー疾患や爪白せん(爪水虫)のお薬、抗生物質、そして抗がん剤、とあらゆる病気にジェネリック医薬品があるんだ。
お薬の形状も、錠剤、口腔内崩壊錠(OD錠/水なしでも飲める錠剤)、カプセル剤、注射剤、点眼剤、貼付剤など、いろいろな形状が開発されているんだよ。
沢井製薬では、ひとりでも多くの患者さんのお役に立ちたいという想いで、幅広く約700品目ものサワイジェネリックをラインアップしているよ。
※お薬によっては、まだジェネリック医薬品が発売されていないものもあります。

  • 注射剤
  • 点眼剤
  • 貼付剤など
お薬は、こんなふうに分類されているよ!

医薬品には、病院やクリニックなどで発行される医師の処方せんが必要な医療用医薬品と、処方せんがなくても薬局・ドラッグストアなどで購入できる一般用医薬品(OTC医薬品※)の2種類があるんだ。
さらに、医療用医薬品には、新薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品(後発医薬品)があるんだよ。
※OTC:Over The Counter

医薬品

一般用医薬品(OTC医薬品)
医師の処方せんなしで
薬局などで購入できるお薬

医療用医薬品

病院やクリニックなどで発行される
医師の処方せんが必要なお薬

新薬(先発医薬品)
新しく開発されて
発売されたお薬
ジェネリック医薬品(後発医薬品)
新薬の特許が切れた後に、別の会社が同じ有効
成分を使って開発、販売するお薬

ジェネリックを知ろうへ戻る

RECOMMEND