飲みやすく工夫されたジェネリック?

ジェネリックを知ろう

お薬に工夫をするって、どういうこと?

患者さんや医療関係者の皆さんから声を集めて、開発に活かしているんだ。

患者さんや医療関係者の皆さんから声を集めて、開発に活かしているんだ。

もっと詳しく解説

ジェネリック医薬品は、新薬の特許が切れた後に発売されるお薬。特許期間中には、たくさんの患者さんが処方を受け、医師・薬剤師・看護師などの医療関係者の皆さんに取り扱われる。そんな皆さんの「こうだったらいいのに」という声を集めて、ジェネリック医薬品ではさまざまな工夫を加えているんだ。
長年使用されてきた新薬と同じ有効成分で開発されるジェネリック医薬品だからこそ、できる工夫だね。

患者さんのために、どんな工夫をしているの?

患者さんが飲みやすいように、大きくて飲みづらい錠剤を小さくしたり、水なしでも飲める錠剤(OD錠)にしたり、コーティングなどで苦みを少なくしたりしているんだ。飲み間違いを防ぐために、お薬の名前を錠剤に印刷しているものもあるよ。

  • 大きくて飲みづらい錠剤を小さく
  • コーティングなどで苦味を少なく
  • お薬のカタチを変更

※OD錠(口腔内崩壊錠)とは
口に入れるとサッと錠剤が溶けて、水なしでも飲むことができる形状のお薬のことだよ。高齢者など飲み込むのが苦手な患者さんが使いやすいお薬として、最近開発が進んでいるんだ。

医療関係者のために、どんな工夫をしているの?

医療関係者の皆さんが調剤しやすいように、お薬の安定性を高めたり、注射薬をキット化(あらかじめ注射筒にお薬が入っているもの)したり、今までのお薬にはなかった新しい形状のお薬のを開発もしているよ。その他には、別のお薬と取り違えるなどの医療過誤防止のために、お薬のシートに製品名を大きく表示する、薬効名を記載する工夫をしているんだ。

  • 新しい形状を開発
  • 製品名の表示を大きく
サワイジェネリックの取組み
Case1:薬効をPTPシートへ表示

調剤のときの取り違いを防ぐために、お薬の薬効(薬の効き目に関する分類)を、プライバシーに配慮しながら、PTPシート(お薬の包装シート)へ表示しているよ。

PTPシート
Case2:錠剤への有効成分名(一般名)の表示

たくさんの種類の薬が処方された場合、薬局では飲み違いを防ぐために、PTPシートから取り出して、1回分ずつまとめて包装し直す(一包化)ことがあるんだ。そんなときや患者さんが飲むときに、どのお薬か一目で分かるよう、錠剤一つ一つに、記号ではなく、有効成分名(一般名)を表示して、分かりやすくしているよ。

錠剤などのお薬に 錠剤への有効成分名(一般名)を表示
Case3:ユニバーサルデザインフォントの採用

ユニバーサルデザインフォントは、高齢者の方や障害者の方などにも優しい書体のこと。沢井製薬ではお薬の包装などに採用して、すべての人に読みやすい表示になるよう取り組んでいるよ。

Case4:新薬にはない形状を開発

例えばとある睡眠導入剤で、沢井製薬が新薬に発売されていない、水なしでも飲める錠剤(OD錠)を開発したよ。睡眠導入剤は寝る直前に飲むお薬。「水を飲むと夜尿が心配」、「立ち歩いた時に転倒する危険がある」といった医療関係者や患者さんの声にお応えしたんだよ。なによりも患者さんのために、これが沢井製薬の理念だよ。

ジェネリックを知ろうへ戻る

RECOMMEND