名前の由来は?

ジェネリックを知ろう

ジェネリック医薬品の名前の由来って、何?

欧米でお薬を「一般名」(generic name)で処方していることに由来して、「ジェネリック医薬品」(generics)と呼ばれ、それが世界共通の名前になったんだ。

欧米でお薬を「一般名」(generic name)で処方していることに由来して、「ジェネリック医薬品」(generics)と呼ばれ、それが世界共通の名前になったんだ。

もっと詳しく解説

ジェネリックっていうのは、英語で「一般的な」という意味を持つ単語だよ。
欧米では、お薬を処方する時に、ブランド名ではなく、一般名(generic name/ジェネリックネーム)が使われることが多く、「ジェネリック医薬品」(generics)と呼ばれているんだ。それが世界共通の名前となって、日本でも「ジェネリック医薬品」という名前が広まったんだよ。新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に発売される医薬品だから、「後発医薬品」とも言われるよ。

ジェネリックを知ろうへ戻る

RECOMMEND