どれくらい安くなるの?

ジェネリックを知ろう

お薬代は、どれくらい安くなるの?

たとえば、糖尿病の患者さんなら年間8,640円もお得に!(代表的なお薬を1日3回、1年間服用した場合)

たとえば、糖尿病の患者さんなら年間8,640円もお得に!(代表的なお薬を1日3回、1年間服用した場合)

もっと詳しく解説

ジェネリック医薬品の価格は、新薬の約2~5割に設定されているよ。高血圧症や糖尿病などの生活習慣病のように、長い間飲み続けるお薬や、お薬を何種類か飲んでいる場合は特に、お薬代の差が実感してもらいやすいね。いくつかの病気について、お薬代の差額の例を見てみよう!

高血圧症
代表的なお薬を1日1回、1年間服用した場合
新薬
10,800円
ジェネリック医薬品
4,320円
差額
6,480円

糖尿病
代表的なお薬を1日3回、1年間服用した場合
新薬
15,120円
ジェネリック医薬品
6,480円
差額
8,640円

認知症
代表的なお薬を1日1回、1年間服用した場合
新薬
32,400円
ジェネリック医薬品
14,040円
差額
18,360円

がん
代表的なお薬を1日2回、1年間服用した場合
新薬
151,840円
ジェネリック医薬品
75,280円
差額
76,560円

  • ※金額はお薬代のみを計算した場合です(3割負担、薬価は2016年4月現在)。患者さんが医療機関の窓口でお支払いになる金額は、お薬代のほかに診察代、検査代、調剤基本料などが含まれます。すべてのお薬にジェネリック医薬品があるとは限りません。お薬の種類によって価格が異なります。

日本ジェネリック製薬協会が運営する「かんたん差額計算」で、あなたのお薬も試算することができます。

ジェネリックを知ろうへ戻る

RECOMMEND