情報提供

「患者さん・一般の皆さま」へ

流通

沢井製薬では全国に開設した9支店・10営業所を核に、広域卸約40社、販売会社約60社を中心とした販売網を構築しています。これら全国規模の流通ネットワークを使って、必要とされるときに必要とされるジェネリック医薬品をスムーズにお届けできる万全の体制を整えています。

全国規模の流通ネットワーク

情報提供活動

沢井製薬では、「製品に関する情報も品質の1つである」と考え、約440名のMR(医薬情報担当者)が、医療関係者の皆さまに、より早く、より適確な情報をお伝えすることを心がけ、情報提供活動を展開しています。
また医薬品の副作用や安全性に関する情報をMRが収集、安全管理部門を中心に集約し、その内容を医療現場へフィードバックすることで、医薬品を適正に使用していただくよう取り組んでいます。
市販後には、製品を実際に使用していただいた医療現場・患者さんの声を積極的に集め、製品の更なる改良のために生かしています。

情報提供活動
MR(営業課) 社員

MR(営業課)

肌で感じる患者さんの声が原動力
担当エリア内の医療機関を幅広くカバーするので、さまざまな意見を聞くことができます。高齢者の多い地域でジェネリック医薬品の発売が心待ちにされていること、お薬代の負担が軽くなった患者さんの喜びの声…うれしさややりがいと同時に、サワイに対する誇りと、もっと普及に努めなければという想いが強くなります。MRは営業マンであって営業マンではありません。そういう姿勢がジェネリック医薬品の普及に繋がると信じています。
MR(病院課) 社員

MR(病院課)

短時間でもしっかりとした関係を構築
忙しい先生方との面会の前には、どのような情報が喜ばれるかを考え、短時間でしっかりと情報提供し、関係を構築するよう心がけています。先生方が安心して処方・調剤できてはじめて、患者さんのもとへサワイジェネリックを届けられるからです。製剤工夫した製品を採用いただいた際、患者さんがお薬代の軽減だけでなく、扱いやすくなったことに喜ばれていたと聞き、ジェネリックメーカーのMRとして誇りに思いました。

サポート体制

MRによる情報提供に加え、医療現場からのお問い合わせに即応するため、24時間受付の医薬品情報センターも設置しています。また医療関係者向け情報サイト「メディカルサイト」では製品に関する豊富な情報を迅速に配信・提供するとともに、医療関係者の皆さまに役立つ情報を掲載しています。
また患者さんからのご質問にお応えするための専用フリーダイヤルも準備し、お薬に関するお問い合わせへ柔軟に対応しています。
このように、サワイジェネリックをご使用いただく全ての方へ万全のサポートができる体制を整えています。

サポート体制
医薬品情報センター 社員

医薬品情報センター

顔が見えないからこそ心が伝わる対応を
電話対応では表情が見えないからこそ余計に、問い合わせをされた先生の心情や状況、背景をくみ取れるよう、そして心がこもった回答になるよう、真摯な気持ちで応対しています。また問い合わせを通じてお伺いした先生方の要望や、先生方を通した患者さんの要望は、MRや関連部門と情報共有。それが元となって既存品の改良に生かされることもあり、重要な役目だと感じています。

RECOMMEND