沿革

沢井製薬について

会社沿革

1929年
大阪市旭区に澤井範平、乃よ(薬剤師)が沢井製薬の前身、澤井薬局を創業。
1948年
大阪市旭区に澤井製薬株式会社(現 沢井製薬株式会社)を設立。
1955年
東京出張所(現 東京第一支店)開設。
1962年
ニンニクエキスの製法特許を取得し、ビタミンB1製剤を発売。
札幌営業所(現 札幌支店)、東北営業所(現 仙台支店)、名古屋営業所(現 名古屋支店)、福岡営業所(現 福岡支店)開設。
1965年
一般用医薬品メーカーから医療用医薬品メーカーへシフト。
1968年
大阪第2工場(現 大阪工場)完成。
1974年
本社社屋(当時)完成、移転。
1979年
商号を沢井製薬株式会社に変更。
広島営業所(現 広島支店)開設。
1981年
九州工場完成。
1983年
九州工場第2期工事完成。
1984年
大阪研究所(当時)開設。
1985年
メディサ新薬株式会社(現 連結子会社)設立。
九州工場第3期工事完成。
1987年
メディサ新薬九州工場(現 第二九州工場)完成。
1989年
九州工場第4期工事完成。
1990年
研究開発センター(当時)開設。
大阪支店開設。
1991年
メディサ新薬株式会社を子会社化。
1992年
メディサ新薬九州工場(現 第二九州工場)第2期工事完成。
三田工場完成。
1994年
製剤研究センター(当時)を開設。
1995年
株式店頭登録。
1996年
メディサ新薬九州工場(現 第二九州工場)第3期工事完成。
1997年
新聞広告掲載開始。
メディサ新薬九州工場(現 第二九州工場)第4~5期工事完成。
2000年
九州工場注射剤製造設備増設。
東京証券取引所市場第二部上場。
2002年
九州工場第5期工事完成。
2003年
東京証券取引所市場第一部上場。
2004年
全国にてテレビCM放映開始。
2005年
三田工場第2期工事完成。
日本シエーリング株式会社(現 バイエル薬品株式会社)茂原工場(現 関東工場)譲受。
2006年
本社・研究所を集約し、新社屋を完成。
現所在地(大阪市淀川区)に移転。
化研生薬株式会社の株式の過半数を取得し子会社化。
2007年
関東工場シリンジ棟新設。
企業理念および行動基準を制定。
2008年
メディサ新薬九州工場(現 第二九州工場)第6期工事完成。
澤井弘行が代表取締役会長、澤井光郎が代表取締役社長に就任。
2009年
三田工場第3期工事完成。
さいたま支店を開設。
製剤研究センターを開設。
2011年
製剤研究センターの名称を製剤技術センターに変更。
2012年
会社分割によりメディサ新薬株式会社の生産事業を吸収し、メディサ新薬九州工場を沢井製薬第二九州工場として新設。
2013年
関東工場 製剤工場完成。
東京支店、さいたま支店、上信越営業所を分割・再編し、東京第一支店、東京第二支店、北関東支店に改組。
執行役員制度を導入。
「健康かけいぼ」をリニューアルし、健康情報サイト「サワイ健康推進課」をオープン。
2014年
抗血小板薬『シロスタゾールOD錠「サワイ」』が、社団法人日本薬剤学会「旭化成創剤開発技術賞」を受賞。
厚木営業所を開設。全国9支店12営業所体制へ。
2015年
田辺三菱製薬工場株式会社鹿島工場(現 鹿島工場) 譲受。
開発センター完成。製剤技術センター(当時)の機能を開発センターへ集約。
2016年
三田西工場完成。
2017年
Upsher-Smith Laboratories,LLCを子会社化。

会社情報に戻る

RECOMMEND