新薬との違いは?

ジェネリックを知ろう

新薬とジェネリック医薬品は、全く同じものなの?

有効成分とその量は同じで、同等の効き目・安全性。でも、味や形状などを飲みやすく変えていることがあるんだ。

有効成分とその量、効き目や安全性は同じ。でも、味や形状などを飲みやすく変えていることがあるんだ。

もっと詳しく解説

ジェネリック医薬品は、新薬と同じ有効成分を同じ量使って作られているんだ。
違うことがあるのは、お薬の形状、色、味、添加物など。別の会社が特許を持っていて使えなかったり、飲みにくいお薬を飲みやすくしたり、安定性を良くするためにあえて変えることもあるよ。でもどの場合も、お薬の効き目や安全性に影響しない範囲と定められているんだよ。
そして、効き目や安全性が同等であると確認するために、溶出試験や生物学的同等性試験、安定性試験など、たくさんの厳しい試験をクリアしないと、ジェネリック医薬品は発売することができないんだ。

新薬 ジェネリック医薬品 比較図
  • 同じでなければいけないところ 1.有効成分の種類・量 2.用法・容量 3.効能・効果
  • 変えてもいいところ お薬の形状、色、味

ジェネリックを知ろうへ戻る

RECOMMEND